モントリオール在住の凌の色々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ryo
 
[スポンサー広告
my first watercolor course。

水彩画、はじめました。







日本人なら誰でも小学校で触ったことのある水彩絵の具。
そうと言っても小学校でテクニックとかは特に教えてもらった覚えがないので、
今回6回の初心者用水彩画コースというのを見つけて行ってきました。
サンプル水彩画とその日の感想絵日記の写真は【つづきべや】でどうぞ。


DAY 1





1日目:カナダの「初心者レベル」に驚く(笑) 自分は専門的なレッスンを体験したことなかったので、「水彩絵の具を使ったテクニックを中心に、水彩画を描く体験を。水彩画に初めて触れる方にもフレンドリーなコース」という謳い文句に惹かれて登録したのですが、日本の義務教育のレベルの高さを実感しました(笑) これはやったことあるわ~というテクニックばかり。少々先行きが不安になりつつも(笑)、志高く終わった1日目。それよりも行ったことのないエリアだったのがちょっと心配だったけど、夜9時過ぎにうろうろしてても全然平気な地域でした。



DAY 2







2日目:カラーウィール(色彩環?)や色の混ぜ方、実物を30秒見てから隠しその後数分で記憶を頼りに描くというブラインドペインティングなど。紙の全体を塗って乾かしてから、部分的に絵の具を取り除くというテクニックもやった。でもそれをやるつもりなら、抜きにくい青は最初から止めていただきたかった(笑)



DAY 3







3日目:2セッション(1回が2時間半なので、計5時間弱)かけて、風景写真を基に1枚描くという課題。2日目から突然の難易度レベルアップ(笑) 「水の絵は難しいよ~」と言われたけど、折角先生がいる滅多にない機会なので、あえて苦手な水の写真をチョイス。モンモレンシ―の滝の写真。白い部分は残して周りを暗くすることによって、ダイナミックな滝を演出する・・・という作戦。紙の端まで描くということに慣れていないため周りを残しがちだったのですが、紙全体を使って描けということで・・・ 写真に写ってない風景も想像して描かないといけないはめに。難しいわ~。



DAY 4







4日目:滝の絵2回目。早々に飽きた(笑) ここ2年半くらい毎日1時間で絵日記を仕上げることに慣れていたので、何時間もかけて1枚の絵を仕上げるのは久し振り。画力より根気を養わねば・・・(。-_-。) レッスン生と先生に評判がよかったこの滝の絵ですが、これって自分が思ってる水彩画ではないんだよな~という不満も。空の部分はそれらしいけど、色が濃過ぎるとアクリルみたいに見えない? このコースは線画&薄い水彩ではないから仕方ないと諦め、とりあえず水彩画テクニックを学ぶことに集中することに。ちょいとモーティベーションが落ちていた頃。



DAY 5







5日目:オーガニックなものを2セッション使って描くという課題。オーガニック・・・ 果物などは1週間で腐ったら困るし(笑)、ガラスもダンボーもオーガニックではないし・・・(´・ω・`) ということで、テーブル飾り用の貝殻を持参。結構細かくて途中で後悔したけど(笑)、2セッション使わないといけないから貝殻で続行。午後6時半から9時までのコースなんだけど、途中でがっつりライティングが変わるので(窓からの太陽光の位置も変わるし、9時近いと天井の照明しかない)、色も影の位置も変わって描き辛かったです。「ほぼ完成じゃね?」と言われつつ、「いえ、来週も続けます(・∀・)」と帰宅。道具も全部アトリエに置いて、次回サボらないように準備(笑)




DAY 6








6日目:最終日。貝殻を仕上げました。案の定、天気も違うので影の位置も貝殻の色も違っていて、修正すること2時間くらい。細かいところも描きこんで、なんとなくいい感じになりました。これなら額に入れてもいいかな~?(。´◡`。) 時間が余ったので、「水の入ったガラスを描く練習がしたいんですけど~」と言ったら、汚い水が入ってるガラス瓶探してきてくれた(笑) ガラスの描き方がわからないから、先生がいる内にコツを教えてもらおうともくろんでいたのですが、描いてる内に気付いたこと。「描くのが苦手なものを克服するには、それを描くしかない」ということ。コツなんてないのです。経験&練習あるのみ。それに気づく機会を与えてくれてありがとう。



こんな感じで途中くじけそうになりながらもやり遂げた水彩画6回コース。6回全部出席したのは私だけでしたけどね(笑) 最初は簡単過ぎておもしろくないかも?と心配だったレッスンですが、先生が目いっぱい融通の利くタイプだったため、難易度は勝手に変更できる仕様で助かりました(笑) レッスンに行って学んだテクニックというものははっきり言ってないんだけど、それよりも自分ひとりだと手を付ける機会のない苦手な題材に挑戦する機会が得られるのが一番の収穫だったんじゃないかと思います。自分は大きな絵やガラス、水などの透明なものの絵が苦手なので、その辺りを今後も練習していけたらと思ってます。



そして、最近こんな本を買いました。



URBAN WATERCOLOR SKETCHING



これぞ私がやりたかったペン線画&水彩のコンビ~!ヾ(゚д゚)ノ゛ 一度郵便局になくされ、アマゾンさんに再送してもらって(笑)やっと今朝手元に(再送はピューロレーター(宅急便)での配達は平日9時5時在宅じゃないと受け取り出来ないため、取りに行かないといけない) しばらくこの本で勉強を続け、気に入ったコースがあったらまた行こうかなと思ってます。年度末の忙しい時期で登録したことを何度か後悔したけど(笑)、いい経験になりました。
Posted by ryo
comments:0   trackback:0
[CRAFTY
comments



Thank you! Please make sure your comment is not 100% alphabet :-)
Please note that your comment will not show until it is approved.

コメントありがとうございます♪ 
コメントは承認されるまで表示されませんのでご了承下さい。















 

trackback URL
http://midwinternightsdream.blog133.fc2.com/tb.php/901-f0e3527a
trackbacks
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。