モントリオール在住の凌の色々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ryo
 
[スポンサー広告
誰かのための応援歌。

「どうして赤西・・・?」
「KAT-TUN出ちゃったのに?」
「変な噂ばっかりの人でしょ?」
「海外に住んでてジャニーズ??」
「ジャニーズのお騒がせBOYを抜いて恋人にしたい男No.1になったジェジュンは?」
(いや、ジェジュンは捨ててません(笑) 基準がちょっと違うのです)



Jin Akanishi



ここは人形やミニチュアやらの写真でモントリオールでの凌の毎日を綴るところなので
東方神起とか赤西仁はほぼ出てこないのですが。(Twitterでつぶやいてます)
Twitterの140文字制限では伝えきれない「何故」をここに記しておこうかと。
私は赤西担でもKAT-TUNファンでもジャニファンでもありません。
(単なるブライス&ミニチュア好きのトンペンです(笑)
そんな訳で今日の【つづきべや】は、赤西仁関連で自分語り。
(自分語りです。 赤西メインではありません)
興味のない方はスルーで。



しつこいようですが、私はトンペンです(笑)
東方神起のファンということ。 現在東方神起は諸事情により活動休止中なので
現在活動中である東方神起メンバーでのユニットJYJも応援してます。
もうすぐユノとチャンミンも日本活動復活するようなので
そちらも活動予定が決まり次第応援していきたいと思ってます。
という訳で、私はジャニーズとはかなり遠いところにおります。
今までもジャニーズは知ってたけど誰かのファンになったこともないし。
海外生活も長いですし、周りにジャニーズファンもいませんし。



その私が何故赤西仁を応援しているのか不思議に思っている方もいらっしゃると思うのですが。
確かに彼は格好いいし踊りも上手いし、ジャニーズBOYにしては歌も上手い。(すみません(汗)
でも私はそんなことで彼を応援している訳ではなく、
【仲間のいるKAT-TUNという帰る場所を切り捨てて、ソロで、
そして日本だけでなく欧米も視野に入れて活動していくために努力をしている】
・・・から応援しているのです。
そしてその姿に自分を重ねてしまうから。
勿論スケールも分野も違うので同じことをやってるとは決して言いません。
でも日本人が北アメリカで自分の足で立って歩いていくことの難しさというものを
実体験として感じているからこそ、彼が語らない努力とかが見えるような気がするというか。



自分はカナダに住んでもうすぐ16年になろうとしてます。
自分は日本で生まれた日本人だと思っているし、
たとえ将来的にカナダ国籍になってもその気持ちは変わらないと思う。
(まだその予定はないけど、将来的にありえる選択ということで)
ただ日本にいた時から「叩いても穴に収まらない出過ぎた杭」のような気分はいつも感じていたし(実際何度も言われたw)、
日本の社会にどうにか馴染もうと努力する割には失敗した感が付きまとっていたと思う。
そして日本で出会った外国人(ほぼ英語圏の人だったけど)と付き合うようになって
「出た杭は出たままでもそれは個性」と扱われることで、どこか救われたような気がしてた。
だから何処にも属せずどうしたらいいかわからなくなった時に日本を出てみようと思ったんだけど。



勿論今までひとりで全部やってきたとは言いません。
親の経済的バックアップがなければ、6年間の大学&大学院生活は出来なかったし。
その間に色んな形で応援してくれたり愚痴を聞いてくれる人がいなかったら折れてたかもしれないし。
でもやっぱり根本的なところでは、海外で知り合いも親戚もいなかったし、
日本語が通じないところなので自分が頑張らないといけなかった。
日本に家族はいたけど、「帰る場所」はなかったからカナダで頑張らないといけなかった。
大学もちゃんといい成績を残して卒業しなければ今までサポートしてくれた親に悪いと思ったから、
カナダ人以上に勉強はした。 そうしなければカナダ人と同等にはなれなかったから。
外国人がその国の人と同じレベルに立つには、その国の人たちの2倍、3倍の努力をしないと駄目なのです。
でもその努力というのは本当に近しい人にしか見えてないし、ふれて歩くようなものでもないし。
傍から見てたら、「あの子は外国で格好いい生活して、
自分勝手に好きなことやらせてもらっていいわね」くらいに見えてたと思う。
有名人だったら絶対フライデーに暴露されるような遊び方もしたし(芸能人じゃなくてよかった(笑)、
日本の受験生や就職活動時のような悲壮な雰囲気とかは自分にはなかっただろうし(文化が違うので)
後悔しないように楽しく毎日を過ごすために努力はしていたので、
決して怠けて何もしてなかった訳ではないんだけど。



そんな外国で自分が選んだ道は、言語療養。 それも母国語ではなく英語で。
言語療養という分野を英語が母国語じゃない自分がやろうと思ったこと自体に無理があるのは承知してます(笑)
ただ自分のやりたいことに突っ走っていったら、その分野に入ってしまったって感じ。
勿論今まで言語学や言語療養とかを勉強したり仕事としてやったりする中で批判もされました。
「英語が母国語でもないくせに英語で言語療養なんてやるもんじゃない」と面と向かって言われたこともあるし。
「どうせ英語出来ないんでしょ」とグループレポートを一緒にやってくれる人が見つからなかったり。
「どうせ留学生枠だから入学出来ただけ」と言われたり。 (ないってば、そんな枠。 あったら使ってるw)
仕事をやってても「外国人のあなたに出来るの?」的な扱いを受けることもしばしば。
その場で言い返す気の強さも用意周到さもなかった自分は、「くっそ・・・」と思いながら
「いつか見返してやる」と今まで突っ走ってきたわけ。
カナダ人でさえなかなか入れないという名門校に入って、
更にカナダ人でさえなかなか入れないという言語療養の大学院に入って。
就職浪人もせずに日本語に関係のない言語療養という分野で仕事を見つけて。



自分は自分のことを凄いとは決して思ってません。
ただ自分のやりたいことをやりたいところでやってるだけ。
それは簡単に聞こえるけど実は難しいこと。
だからこそ好きなことをやり続けるために必要な努力はしてきたし、これからもしていかなきゃと思う。
好きなことをやらせてもらえる環境があったということにはとても感謝してます。
絶対ひとりでは無理だった。 周りの人たちがいてくれたからこそ出来たと思う。
自分のためにも、今まで応援してくれた人のためにも、「やらない」で後悔することはしたくないと思う。
やって失敗したことは絶対後悔しないから。 それはいつか自分の糧になるはず。



そんなこんなで16年。
他人に見えないほどの小さな努力も時が経てばなんらかの形になるということ。
そろそろ「海外で生活する日本人の先輩」のような立場になってきて、
これから日本の外に出て頑張ろうとしている人たちにも沢山出会うようになって。
16年という時間の中で学んだことを、これから頑張ろうと思ってる人たちに
少しでも分けてあげられたらいいなと思っているところがあります。 
その人たちが今立っているスタート地点に自分も立ったことがあるから。
期待とプレッシャーと不安で足元が見えないスタート地点は、誰にでも怖いものだと思うから。



そんな訳で、赤西仁はその応援してあげたい人たちの中のひとりなのです。
(前振り長かったけど(笑)、まぁ、自分語りって言ってたからいっか)
勿論彼は実力のあるアーティストだと思うので(大きな事務所もバックについてるし)、
私なんぞの応援がなくたって立派にやっていけると思いますが(笑)
今の赤西仁を見ていると、*NSYNCが活動停止してソロをやり始めた頃のJustin Timberlakeを思い出すのです。
「アイドルのくせにアーティスト気取って・・・」、「成功する訳がない」、
「時間が経てば今までのファンも減るから・・・」と言われていたJustin。
2002年にアイドルグループとしての活動を停止してソロ活動開始。
今ではマドンナともコラボするくらいの大スターになったJustin。
作詞・作曲にとどまらずプロデュースまでするクリエイターに。
アイドルというのは他人が作る枠組みのようなもの。
その枠の中に踏みとどまるか、あえてその枠を越えるかはその人の意志と努力だと思います。
枠の中に留まるのが悪いことではないと思う。
それはそれで期待に応えないといけない努力を強いられるし。
勿論その枠を越えようとする人へのバッシングはきついと思うけど、
それは言い換えれば「他の人が出来ないことをやろうとする勇気へのひがみ」みたいなもの。
時間はかかるかもしれないけど、彼には是非それを乗り越えて世界のJin Akanishiになって欲しいと思ってます。



ま、仁が弟に似てるから「おねえちゃんが応援してあげなきゃ」ってのもあるんだけどね(笑)



Posted by ryo
comments:12   trackback:0
[HITORIGOTO
comments

とても刺激になりました。
元気がなくなったりしたらこのブログ読みに来ます。
赤西くんは、自分と重ねてるわけではありませんが、すごく勇気をもらいます。
自分のやりたいことを納得のいくようにやる、言葉にしたらすごく簡単で好き勝手やってるように聞こえますが、何よりも難しいことだとわかりました。

RYOさん素敵です!私も自信を持って自分のことを話せるように、これからの道を自分のペースで歩もうと思います。
あと、twitterでのミニチュアの写真、楽しみにしています♪
2010/12/05 20:44 | URL | edit posted by エマ
凌さんがいろんなものに興味を持って、夢中になるとき、
ちゃんと理由があるのよね。誰かにくっついてなんとなく、っていうのがない。
そんなことだけをみても、日本文化の枠をかる~く飛び越えるところに居て、
飛び出してから、人一倍、二、三倍の努力はしたんだろうと(専攻からいっても)思うけど、
それを前フリでさらりと語って赤西を応援する宣言、さすがだね、かっこいい(笑)←笑うとこじゃない??
誰も、凌さんを止められないのだ~!?
2010/12/06 00:28 | URL | edit posted by kero
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/06 00:49 | | edit posted by
枠の中にいても、そこから出ても苦労するなら
自分の好きなことに突き進むのがいいと思う。

最近はと生活のための仕事に振り回されて、気づくと
1年終わってる。。。そしてなにも残ってない。。。
自己嫌悪になるよ(今年も心折れる出来事ばかりで
無気力なのもあるけど。。。)

人って自分がコントロールできない物を嫌いになるんだって。
来年はもう少し自分でコントロールできる物を増やしたいなぁ
2010/12/06 01:28 | URL | edit posted by 晶
ひとりでも多くの人が応援してあげることで、きっと彼らの力になると信じて。
仁はひとりだし、不安も大きいだろうね。
彼らは3人でよかったと思うんだ、いつも。
2010/12/06 07:54 | URL | edit posted by ばんびっけ
◆エマさん◆

16年海外暮らしやって偉そうなことは言えるようになったけど(笑)
自信なんて全然ないですよー。 開き直ってるだけだったり。
いつも、「やべっ! うわー! どうしよ?」という毎日を過ごしてますw
「でもこれしかないし。 やるしかないし。 とりあえずやるか」って感じ。
あわあわしなければ格好いいと思うんですけどね。

やりたいことをやることの難しさって、その選択をした人にしか
わからないと思うのです。 自分で決めたことだから、
失敗しても誰かのせいには絶対出来ない。
だから頑張れると思うし、失敗しても努力したならいいかと思える。
マイペースで頑張ってみて下さい。

毎日こんなことは語らないので(疲れちゃう(笑)、たまにはゆるーいミニチュアや
人形の写真でも見に来てくださいな♪
2010/12/06 19:40 | URL | edit posted by 凌
◆keroさん◆

赤西は憧れの抱き枕だけど(笑)、それだけじゃNYまで行きません。
誰かにくっついてなんとなく・・・なんてことしたことないかも?
だから日本にいられなかったんだと思うけどw
赤西仁だけじゃなく、敷かれたレールから脱線しようと努力する人は
ついつい応援したくなっちゃうのです。 
好んで茨の道を行く仲間だと思っちゃうのかな?(笑)
赤西君関係でGood Newsがもうすぐ日本を襲撃すると思うので、
その時には私のことを思い出してw
2010/12/06 19:53 | URL | edit posted by 凌
◆2010/12/06 00:49の鍵コメさん◆

凄くはないです、本当に。
もっと凄い人なんて山ほどいるし。
こういう場で自分の思ってることの全てを語ることは出来ないと思うのですが、
滅多にないこういう記事で私の中の「欠片」みたいなものを
感じてもらえたらいいなと思ってます。

私は人生で一度だけ自分のやりたいことを優先せずに後悔をしているので、
それだけはしたくないと毎日頑張っているつもりです。
「もしあの時・・・」という選択肢というのはいつまでもついて回るもの。
どっちが良かっただなんて両方やってみなければわからないし、
考えてもせん無いことだと思うのですけど夢を見るのは悪いことじゃないと思いますw
2010/12/06 20:17 | URL | edit posted by 凌
◆晶さん◆

んー、それはどうかなぁ。
枠の中にいることも「好き」なことで「自分の選ぶべき道」かもしれないし。
中にいるか外にいるかで苦労の種類は違うかもしれないけど、
どっちがいいとかどっちが大変とかはわかんないよね。
ただ進む道の選択をした時に、どっちの道を取っても
その道が自分にとって最善だったと思えるように
最善の努力をしなきゃいけないだけで。

自分でコントロール出来ないものだらけなのが世の中じゃないかと^^
だからミニチュアとか人形とかに興味が行ってしまうのですw
それでもやっぱり自分の思い通りにいかずいらいらするんだけど(笑)
2010/12/06 20:29 | URL | edit posted by 凌
◆ばんびっけさん◆

私もあの子達が3人でよかったと思う。
事務所と裁判を起こして、自分の国で音楽出来ないようにされて。
信じられないような迫害を受けて。
強い3人だけれど、ひとりだったら折れてたかもしれないと思うし。
才能のある3人だから(勿論残った二人も)、これからも歌っていって欲しいんだよね。

それに比べたら赤西君は恵まれてるんじゃないかな。
KAT-TUNからのファンはついてきてくれてるし、
事務所はサポートしてくれてるし、KAT-TUNのメンバーも
色々思うところはあるとは思うけどベースの部分では応援してくれてると思うし。
NY公演にファンが【You Are Not Alone】という垂れ幕を持ってきてて。
仁もそれを実感してくれてたらいいなと思ってます。
2010/12/06 20:51 | URL | edit posted by 凌
海外でそれなりな生活をしてると、
周りからは「簡単に」この生活を手に入れたかのように思われますよね。
でも本当はカナダ人の何倍も必死で頑張ってきたわけで。

私はこのHPを見つけ、凌さんがカナダで言語療養士をされていることを知った時から、
「癒し系のHPをされているけど、本当は物凄い努力をされた方なんだろうな~」って
想像できましたよ。
今回凌さんの過去が分かって「やっぱりな」と納得です。

私もバンクーバーで学校に行ってた時はカナダ人に負けないように必死でした~。
このアルバータの田舎で就職しましたが、
就職しても「カナダ人に負けないように」頑張ってきました。
今はキャリアチェンジをすべくまた勉強中です。
バンクーバーと違ってここは白人の街なので、
認められるためにはカナダ人以上に頑張る必要があります。
私はカナダ7年目ですが、まだまだ走り続けなければ~!
私も在16年になるころには一人前になってるといいな~。

赤西さんのことはよく分かりませんが(友達にどれがKatでどれがTunって聞いて笑われた…)、北米でやっていくのはほんと大変なんで頑張って欲しいですね。
個人的には同じく北米で頑張ってるハリウッド俳優の松崎悠希さんを応援しています。
2010/12/06 23:32 | URL | edit posted by Miyu
◆Miyuさん◆

「外国で外国人と同等にやっていくことの難しさ」って
やったことのある人にしかわからないと思うのです。
同じ程度の努力をしてたら、絶対に負けちゃう!(悔)
それをやってきたMiyuさんにはわかると思うけど、
2倍3倍の努力だけでなく、終わりがない努力が必要ですもんね。
ここも結構白人率が高く、フランス語圏なので英語メインだと肩身が狭い!(笑)
フランス語ももっと上手くならないとなー。
16年経ってもまだ一人前にはなれませぬ^^;
7年・・・って言ったら、私がモントリオールで日本人の女医さんに会った頃だ。
「カナダに来て何年?」と聞かれたので、「もう7年になります」って言ったら
その人は既に15年だったそうで「まだまだね」と言われました(笑)
キャリアチェンジのためのお勉強、頑張って下さい。 応援してます♪

あー、KatとTun! 確かに(笑)
私はずーっと「カツーン」だと思ってました(カトゥーンだったらしいw)
あんなに大きなジャニーズなのに、北アメリカ進出は赤西が初めてらしいです。
やっとアメリカで勝負が出来る人材を見つけたということでしょうか。
今までの日本人歌手のアメリカ公演とは全く違う形なので、是非成功して欲しい!
赤西くん、実は弟に似てるので熱の入り方が違うのです(笑)
松崎悠希さんってパイレーツ・オブ・カリビアンに出てた方ですよね?
あの方は何もないところからのし上がった人なので更に凄いです。

こんな記事もあんまり書かないんですけどねー。
鬱陶しいと思う人もいるだろうし、「まだまだのくせに」と思われても仕方ないけど。
ただたまには自分と同じ道を選んだ人の背中を押せるような自分に
なっていけたらなと思ってます。 勿論普段は人形とかミニチュアとかで
おかしな日常メインのブログを続けますけど(笑)
2010/12/07 00:07 | URL | edit posted by 凌


Thank you! Please make sure your comment is not 100% alphabet :-)
Please note that your comment will not show until it is approved.

コメントありがとうございます♪ 
コメントは承認されるまで表示されませんのでご了承下さい。















 

trackback URL
http://midwinternightsdream.blog133.fc2.com/tb.php/141-9e042e07
trackbacks
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。